キャリカク利用メンバーブログ

2024年02月02日

誕生星座を知ろう「みずがめ座」

皆さんおはようございます、こんにちは、あるいはこんばんは。

わたし、がお送りさせていただきます。

昔、アルバイトを探していた時期があったのですが、

真っ先に候補から外したのは「飲食業」でした。

理由は簡単です。

美味しそうな食べ物を目の前にして、わたしのお給料が胃袋へ消えないわけがないからです。

飲食業で働くうえで、最大の敵は食欲だった。というわけです。

 

アイスブレイクはこのあたりにして、本題に参りましょう。

 

今回のテーマは星座シリーズ「みずがめ座」となります。

ここでいうみずがめとは「水瓶」。水やお酒をそそぐ器のことです。

ウミガメが好きだったわたしは、「水亀」と誤解して、

本当のことを知ったときには、たいそう恥ずかしい思いをしたものです。

 

それでは、どうぞ。

 

星座としてのみずがめ座

黄道十二星座の一つであり、10月~11月の秋に、南の空に昇る星座。

一番明るい星はβ星の「サダルスウド」。アラビア語で「幸運中の幸運」を意味する名前。

二番目に明るいのはα星の「サダルメリク」。こちらは「王の幸運」を意味しています。

 

通常、星座の中で最も明るい星がα星となるのですが、

みずがめ座のように例外となる星座も存在します。

 

みずがめ座の神話

やぎ座のモチーフになったには、ガニメドという少年。両親も地上に住むごく一般的な人間です。

彼は「最も美しい、女性にも勝る容姿」であったとされています。

 

そんなみずがめ座の神話です。

 

ある日、大神ゼウスは地上を眺めていました。

その最中、天上の世界まで「美しい」とウワサの少年・ガニメドを見つけます。

美しい、綺麗な人間には目がないゼウスです。

たちまちゼウスは大ワシに姿を変えて、ガニメドをさらっていきます。

ガニメドは自身をさらった大神ゼウスから、毎晩宴会をしている神々の側で水瓶で酒をつぐ役割と、永遠の若さを与えられ、給仕として励みます。

 

ですが、これを悲しんだのは、ガニメドの両親です。

最愛の息子が大ワシにさらわれて、2人はたいそう涙しました。

さすがのゼウスも心を痛め、ガニメドの父親に見事な神馬を与えました。

それでも彼らの寂しさは埋められません。

 

そこでゼウスは、ガニメドの姿をみずがめ座として夜空に描き、

遠く離れた地でも、両親がガニメドを見られるようにはからいました。

 

 

というお話でした。

いっけん良い話のように見えますが、そもそもの原因は誘拐したゼウスにあります。

最初から最後まで「だいたいゼウスのせい」でしたね。

弁護のしようがありません。

ですが、美しいもの、目を惹かれるものには

つい欲に眩んでしまうのは、神様であっても人間であっても同じこと。

欲張りも、ほどほどに。

わたしは好きな本を買い過ぎて、お財布がピンチです。

といったところで、今回はここまでとさせていただきます。

 

それではまた次回、ご縁があればよろしくお願いします。

 


株式会社キャリカク(就労継続支援B型)

〒491-0851

愛知県一宮市大江3丁目12-22一観ビル1F 

TEL:0586-71-3577      

Instagram:https://www.instagram.com/aich_it_careercenter/

MAIL:info@kyarikaku.jp

キャリカクではパソコン業務に関するお仕事の受注も行っています!

https://kyarikaku.jp/bpo/

他の記事を見る

株式会社キャリカク

愛知県一宮市大江3丁目12-22 一観ビル1階

TEL:0586-71-3577 FAX:0586-71-3587

\ FOLLOW ME ! /

プライバシーポリシー

©️2023 Kyarikaku Inc, All Rights Reserved.

\ FOLLOW ME ! /

©️2023 Kyarikaku Inc, All Rights Reserved.