キャリカク利用メンバーブログ

2023年08月10日

先延ばし癖

皆さんこんにちは。

最近私は脳がスマホに毒されて

もう昔の集中力と記憶力は取り戻せそうにないと諦め気味ですが、

読者さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は先延ばし癖の対策を書いていきます。

やるべきタスクを先延ばしにするとそのうち首が回らなくなる危険があるので、

対策を頭に入れておくのは割と有益だと思います。

それでは早速いきましょう。

 

やることを明瞭にして分割する

人間の脳のメモリというのは頼りないものです。

つまり人間の脳は一度に大きな物事を処理できません

 

例えば動画編集なら

・不要な部分をカットする

・セリフにテロップをつける

・アニメーションやエフェクトを入れる

・BGMや効果音を入れる

 

という風に作業を分けるのですが、

素材が長時間の動画だと「これをカットするのか・・・」となりめんどくさく感じて

結果作業が億劫になることがあり得ます。

 

ゆえに更にカットの作業を分割して

・午前中はA地点までカットする

・夕食までにB地点までカットする

・寝るまでに終わりまでカットする

という風にするとめんどくさい感が減ります。

 

めんどくさいから後回しにしてますます億劫になる負のループに嵌まると最悪なので、

それだけはなんとしても避けなくてはなりません。

 

紙に一連のタスクを書き、やり終わったら横線で消すのも良いでしょう

 

 

役に立つ小技

・2分だけやる

2分で良いのかと思われるでしょうが本当に2分で大丈夫です。

2分という数字に深い意味はなくて、とにかく少しだけやりましょう。

人間はやるというスイッチを入れるときに一番エネルギーを使うので、

そのハードルを楽に超えるための小技と思ってください。

 

少しだけでも手を動かせばなんやかんやでそのまま行けることが多々あります。

文豪ゲーテは聖書の「初めに言葉ありき」という文言を否定して

「初めに行為ありき」と書きましたが、全くの観点真理といえましょう。

 

 

・少し寝る

人間は意思決定するとエネルギーを消費します。

エネルギーの総量は人によって違うので夜寝るまでに枯渇してしまうこともあり得ます。

枯渇したものを更に出そうと思っても無いものはないので無理です。

こうなったら少し寝て回復させるしかありません。

寝落ちしなくても目をつむって楽な姿勢を10分ほど続けるだけでかなり回復します。

 

間違いなく費やした時間以上の価値がありますよ。

私も動画編集で疲れたら実践しています。

在宅のフリーランスやリモートワークの皆さんは大いに活用してください。

 

 

最後に

いかがでしょうか。

今回の記事が面白かったという方がいらっしゃいましたら筆者としてこの上ない喜びです。

また次回の記事でお会いしましょう。


愛知ITキャリアセンター(就労継続支援B型)

〒491-0851

愛知県一宮市大江3丁目12-22一観ビル1F 

TEL:0586-71-3577      

Instagram:https://www.instagram.com/aich_it_careercenter/

MAIL:info@kyarikaku.jp

AICではパソコン業務に関するお仕事の受注も行っています!

https://kyarikaku.jp/bpo/

他の記事を見る

株式会社キャリカク

愛知県一宮市大江3丁目12-22 一観ビル1階

TEL:0586-71-3577 FAX:0586-71-3587

\ FOLLOW ME ! /

プライバシーポリシー

©️2023 Kyarikaku Inc, All Rights Reserved.

\ FOLLOW ME ! /

©️2023 Kyarikaku Inc, All Rights Reserved.